スロヴェニアの食

Print Add to travel planner

スロヴェニアはアルプス、アドリア海、パンノニア平原、カルスト地域が出会う場所にあり、豊かな森、数多くのブドウ畑、川、湖を有しています。スロヴェニアの料理も周囲の環境から様々な文化の影響を受けています。スロヴェニアの南側の料理はイタリアの影響が強く、北側はアルプス(オーストリアやドイツ)の影響、東スロヴェニアはカボチャや蕎麦を使った料理が特徴的で、そして特に旧ユーゴの一部となってからはバルカン半島の影響が強く感じられるようになりました。スロヴェニアの旅は味の旅でもあるのです。

多様な自然環境に加えて、ここはインド・ヨーロッパ語族に属している3つの語派(スラブ語派、ゲルマン語派、イタリア語派)とフィン・ハンガリー語族の世界が出会うところでもあります。豊かな自然と他民族と触れ合えるという特徴的な環境は、食卓にも影響を及ぼしています。スロヴェニアの食の特徴は、スロヴェニアの伝統を維持しつつも新たな要素を取り入れ、味付けに工夫を加えていることだと言えるでしょう。

 

X

Cookies

The website uses cookies to improve user experience. By visiting and using the website, you agree with cookies.
I agree
Read more