スロヴェニアの食

Print Add to travel planner
スロヴェニアはアルプス、アドリア海、パンノニア平原、カルスト地域が出会う場所にあり、豊かな森、数多くのブドウ畑、川、湖がある。様々な文化の影響を受け、スロヴェニアの南側の料理は強くイタリアの影響、北側ではアルプス(オーストリアやドイツ)の影響、東スロヴェニアはカボチャ、お蕎麦の料理が特徴、そして特に旧ユーゴの一部となってからバルカン半島の影響が強く感じる。スロヴェニアの旅は味の旅である。


多様な自然環境に加えて、ここはインド・ヨーロッパ語族に属している3つの語派(スラブ語派、ゲルマン語派、イタリア語派)とフィン・ハンガリー語族の世界が出会うところでも。自然の特徴と他民族との接触は食卓にも影響を及ぼしており、スロヴェニアの食の特徴は、スロヴェニアの伝統を維持しながら、新たな食も取り入れ、味付けに工夫を加えられていることである。
X

Cookies

The website uses cookies to improve user experience. By visiting and using the website, you agree with cookies.
I agree
Read more